現に(読み)げんに

精選版 日本国語大辞典「現に」の解説

げん‐に【現に】

〙 (名詞」に助詞「に」が付いて、一語化したもの) 実際に存在したり、ものごとが実際に行なわれたりするさまを表わす語。現実に。
※宇津保(970‐999頃)内侍督「兼雅、げんにある事ならばこそとり申さざらめ、たいだいしき事なれど、昔聞ゆる事ありしを」
読本椿説弓張月(1807‐11)前「それがし近曾(ちかごろ)一隻(いちは)を得てが、これは曾祖義家朝臣の放せしものにて、見(ゲン)黄金を著けたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「現に」の解説

げん‐に【現に】

[副]ある事が想像や理屈ではなく、事実であるさま。現実に。実際に。「そういう風習は現に行われている」「現にこの目で見た」
[類語]実情事情実態実況実相得体現実現実的事実実際実際的真実真相本当実地臨場感リアル本にほとほとすっかりつくづく全く以て何とも実以て真個正真しょうしんそのものしん以てかみ掛けてほんまいかにも有りのまま有りようまこと史実真正実の正真正銘紛れもない他ならないげに本当にまことにじつしんまったくまさにまさしくひとえにせつ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android