コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富浦[町] とみうら

2件 の用語解説(富浦[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

富浦[町]【とみうら】

千葉県南部,安房(あわ)郡の旧町。浦賀水道に面し,大部分が丘陵地。内房線が通じる。長崎市茂木と並ぶビワの大産地として有名で,果樹,花卉(かき)の栽培が盛ん。海岸は南房総国定公園の一部。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とみうら【富浦[町]】

千葉県南部,東京湾に臨む安房(あわ)郡の町。人口5886(1995)。丘陵が海岸近くまで迫り,大房(たいぶさ)岬が東京湾に突出する。農業はビワと花卉栽培が中心。江戸時代後期に南無谷(なむや)を中心に導入されたビワは,明治中期に品種・技術の改良が進み長崎と並ぶ産地になった。南房総国定公園に含まれる海岸部は海水浴場としても知られ,民宿も多い。内房線,国道127号線が通じる。【千葉 立也】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone