月謝(読み)ゲッシャ

デジタル大辞泉 「月謝」の意味・読み・例文・類語

げっ‐しゃ【月謝】

指導を受ける謝礼として月ごとに支払う金。特に、授業料
[類語]代金料金手数料代価有料勘定会計支払い精算愛想あいそ愛想あいそお代清算決済対価手間賃賃金使用料送料倉敷料原稿料入場料木戸銭授業料口銭湯銭運賃借り賃貸し賃宿賃店賃たなちん家賃間代部屋代室料席料席代下宿代場所代場代地代

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「月謝」の意味・読み・例文・類語

げっ‐しゃ【月謝】

  1. 〘 名詞 〙 継続的に教えや指導を受ける謝礼として毎月支払う金。また、学生生徒の出す毎月の授業料。
    1. [初出の実例]「管絃を教へて月謝に食まんとするか」(出典:花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉三〇)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android