小泉(読み)こいずみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小泉(奈良県)
こいずみ

奈良県北西部、大和郡山(やまとこおりやま)市の一地区。1889年(明治22)の町村制施行で小泉村を片桐村(かたぎりむら)に改称。1957年(昭和32)大和郡山市に編入。JR関西本線(大和路線)大和小泉駅、県営小泉団地がある。中世は小泉氏の居城があり、江戸時代には小泉藩片桐氏の城下町。城は、南流する矢田川に臨む矢田丘陵台地の先端に築かれ、城下町は奈良街道筋に形成された。富雄(とみお)川西岸には慈光院、庚申(こうしん)堂(金輪院)、小泉城跡、小泉神社などがある。慈光院は小泉藩主片桐貞昌(さだまさ)が建立した臨済宗の寺で、茶室および書院(国指定重要文化財)、枯山水の庭園(国指定史跡・名勝)がある。小泉神社には室町時代の本殿(国指定重要文化財)がある。[菊地一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小泉の関連情報