小田原(市)(読み)おだわら

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小田原(市)
おだわら

神奈川県の南西部にある市。1940年(昭和15)小田原、足柄(あしがら)町の2町と、早川、大窪(おおくぼ)、酒匂(さかわ)(一部)の3村が合併して市制施行。1948年(昭和23)下府中(しもふなか)村、1950年桜井村、1954年豊川(とよかわ)、上府中、下曽我(しもそが)、片浦の4村、酒匂、国府津(こうづ)の2町、1971年橘(たちばな)町を編入。2000年(平成12)特例市に移行。JR東海道・山陽新幹線、東海道本線、御殿場(ごてんば)線をはじめ、小田急電鉄小田原線、伊豆箱根(いずはこね)鉄道大雄山(だいゆうざん)線、箱根登山鉄道の諸線が、また国道1号、135号、255号の各線、小田原厚木(あつぎ)道路、西湘(せいしょう)バイパス、箱根新道、TOYO TIRESターンパイク、真鶴(まなづる)道路などが通じる。市域は、箱根外輪山の東斜面と、大磯(おおいそ)丘陵西部の両山地と、おもに酒匂川がつくった足柄平野、早川の河口部平地からなる。気候は温暖、冬暖夏冷で、湘南(しょうなん)保養地域の西端をなす。面積114.09平方キロメートル、人口19万8327(2010)。[浅香幸雄]

沿革

鎌倉時代に土肥(どい)氏が、戦国時代に大森氏が、小田原を拠点としたのに伴って開け始めた。1495年(明応4)北条早雲(そううん)が一挙に小田原城を攻め取ってからのちは、後(ご)北条氏の関東進出の本拠地となった。以後、5代約100年にわたって関東、東海の政治、軍事の中心地となり、大規模な城下町は箱根外輪山斜面と酒匂川、早川の低地にわたる長大な総曲輪(そうくるわ)の土塁で囲まれた囲郭(いかく)都市をなしていた。1590年(天正18)豊臣(とよとみ)秀吉の小田原攻めによって後北条氏は滅亡。江戸時代は小田原城の城下町(小田原藩)で、東海道の宿場町を兼ね、箱根山を控える要所としてにぎわっていた。小田原名産のかまぼこや梅干しは、東海道通行者の携行品づくりに始まるとされる。近年は箱根観光の玄関口の役割を強めている。現在小田原は、神奈川県西部の行政、商業の中心地で、小田原地区広域市町村圏の中心都市であり、工業も栄え、農業、水産業も盛んである。箱根産の木材の加工に始まる箱根細工や家具づくりの在来工業は、いまは玩具(がんぐ)、和洋家具の近代工業に発展している。小田原漆器は国の伝統的工芸品に指定されている。また足柄平野の扇状地末端の湧水(ゆうすい)を利用するフィルム製造や繊維、印刷、ゴム製品などの近代工業も盛んである。箱根外輪山ではミカン栽培が広まり、相模(さがみ)湾岸はブリその他の定置網漁業で知られ、小田原漁港(早川港)は沿岸漁業の根拠地となっている。アジなどの干物づくりも盛ん。近年はまた京浜通勤者向けの住宅地開発も盛んで、工業と住宅の京浜の衛星都市的機能が強められている。[浅香幸雄]

観光・文化

東西の山地はミカン園や二次林のスギ、スダジイ林で覆われるほか、ウメ、サクラ、フジなどの花木が多く、史跡も豊富で、観光地に恵まれている。おもな観光地としては、小田原城跡(国指定史跡)、報徳二宮(にのみや)神社、石垣山(国指定史跡)、石橋山古戦場、飯泉(いいずみ)観音勝福(しょうふく)寺、二宮尊徳遺跡、曽我の梅林、宝金剛(ほうこんごう)寺、量覚(りょうがく)院など。そのほか、小田原市郷土文化館、生命の星・地球博物館、報徳博物館、動物園、フラワーガーデンなどの文化施設がある。民俗芸能の行事には、下中座(小竹(おだけ))の相模人形芝居(国指定無形民俗文化財)、片浦地方の福踊、米神(こめかみ)、石橋、江之浦(えのうら)、根府川(ねぶかわ)の鹿島(かしま)踊、板橋や中里(なかざと)の火祭、御幸(みゆき)の浜の大松明(たいまつ)、下曽我の傘焼(かさやき)まつり(城前(じょうぜん)寺)、小田原囃子(ばやし)(扇町(おうぎちょう))などがある。また、5月3日には観光祭の「北条五代祭り」が盛大に行われる。[浅香幸雄]
『『小田原市史料 歴史編・現代編』(1966・小田原市) ▽中野敬次郎著『小田原近代百年史』(1968・形成社) ▽『郷土読本 小田原』(1971・小田原教育研究所) ▽福田以久生・内田哲夫著『わが町の歴史・小田原』(1981・文一総合出版) ▽『小田原市史』全15巻(1991~2003・小田原市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小田原(市)の関連情報