コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小芝居(こしばい) こしばい

1件 の用語解説(小芝居(こしばい)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

小芝居(こしばい)

歌舞伎座などでの大芝居に対して、小規模の劇場やそこでの芝居をいう。今は存続していない。江戸幕府は中村座、市村座、森田座の常設江戸三座に特権的な地位を与えて興行を許したが、これ以外の劇場で上演された歌舞伎を小芝居と総称。うち寺社地にあるものを宮芝居宮地芝居ともいう。晴天100日を限って興行が許されたから百日芝居、あるいは粗末な緞帳(どんちょう)を幕の上げ降ろしに使ったので緞帳芝居ともいわれた。回り舞台の設置は許されなかった。低料金で話題作を上演した。明治時代になり芝居鑑札制が設けられ、小芝居も鑑札を受けられるようになり全国で栄えた。しかし、第2次大戦後は少なくなり、かたばみ座を最後に東京から姿を消した。

(山本健一 演劇評論家 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone