コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山中湖[村] やまなかこ

世界大百科事典 第2版の解説

やまなかこ【山中湖[村]】

山梨県南東部,南都留(みなみつる)郡の村。人口5296(1995)。富士山東麓に位置し,中央に山中湖がある。南は静岡県,東は神奈川県に接する。富士箱根伊豆国立公園に含まれ,山中湖を中心とする観光業が主体の村で,第3次産業人口が就業人口の80%以上を占める。山中湖から忍野(おしの)村にかけてハリモミの群生純林(天)が見られる。西部を通る国道138号線は,籠坂峠を越えて静岡県に至る。【萩原 毅】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android