コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩沼[市] いわぬま

百科事典マイペディアの解説

岩沼[市]【いわぬま】

宮城県南部,阿武隈川下流北部の市。1971年市制。中心市街は古く国府が置かれ,のち奥州街道宿場町として発達。東北本線常磐線分岐点で,仙台市への通勤者が多い。ハクサイを産し,漁業も行う。1964年仙台湾地区が新産都市に指定されたのを機に,パルプ,ゴム製品などの工場が進出した。竹駒神社の初午祭は有名。北東部の名取市にかけて国際空港仙台空港がある。東日本大震災で,市内において被害が発生。60.45km2。4万4187人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いわぬま【岩沼[市]】

宮城県中部にある市。1971年市制。人口4万0072(1995)。阿武隈川下流北岸に位置する。早くから集落がひらけ,武隈(たけくま)の里と呼ばれ,一時陸奥の国府が置かれたこともあり,市の西部には古代の東(あずま)街道が通じていた。近世には陸羽街道陸前浜街道の分岐点の宿場町であり,現在も国道(4号と6号)およびJR(東北本線と常磐線)の分岐点で,また北に接する名取市にまたがって仙台空港があり,交通の要地である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

岩沼[市]の関連キーワード賄賂罪請託アッタロス[1世]津野[町]職権濫用罪フラミニヌスアッタロスアッタロス1世アッタロス朝アルビヌス

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android