コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩間[町] いわま

2件 の用語解説(岩間[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

岩間[町]【いわま】

茨城県中部,西茨城郡の旧町。常磐線常磐自動車道が通じる。米,果樹,蔬菜を産し,畜産も行う。クリの生産では県内有数。愛宕(あたご)山の愛宕神社に奇祭の悪態祭が伝わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いわま【岩間[町]】

茨城県中央部,西茨城郡の町。人口1万6615(1995)。町域の西端は八溝山地から続く丘陵で,東に台地が広がる。古くからの交通の要地で,古代には安居(あご)に安侯駅が設けられていた。中世は宍戸荘に属し,近世は土浦藩領,天領,旗本領に分かれ,下郷には土浦藩の陣屋が置かれた。米作に果樹,畜産を組み合わせ複合農業が進められている。また竹ぼうきや桐の産地としても知られる。桜の名所として有名な愛宕山の愛宕神社では旧暦11月14日夜に奇祭〈悪退祭〉が行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone