岸沢式佐(3代)(読み)きしざわ しきさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸沢式佐(3代) きしざわ-しきさ

1774-1829 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
安永3年生まれ。2代岸沢式佐の門人。前名は2代九蔵。寛政12年に3代目をついだが,5年後に破門され,数寄屋藤八と名のり富本派に転じる。文政3年ゆるされ2代右和左(うわさ)をついだ。4代式佐と師が相ついで没した後,岸沢派の家元争いに敗れ,文政12年憤死したという。56歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android