コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市原[市] いちはら

2件 の用語解説(市原[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

市原[市]【いちはら】

千葉県中部の市。1963年市制。養老川流域の低地,下総(しもうさ)台地,東京湾岸の埋立地からなり,県内最大の広さの広域都市である。古代上総(かずさ)文化の一中心で国府,国分寺が置かれた。
→関連項目姉崎[発電所]五井長柄[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちはら【市原[市]】

千葉県中部,東京湾に面する工業都市。人口27万7061(1995)。1963年市原,五井,姉崎,市津,三和の5町が合体して市制。67年1町1村を編入して,市原郡全体が市原市となり,県内一広い面積となった。近世には海岸沿いを通る木更津街道の宿場町として市原,五井,姉崎が栄え,養老川流域をさかのぼる勝浦街道の馬継場として牛久が栄えた。大正末から昭和初めに流域を貫く小湊鉄道が国鉄房総線(現,JR内房線)の五井から開通すると,五井が中心市街となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

市原[市]の関連キーワード北九州(市)朝鮮映画剥離面線構造舟木一夫津川雅彦ファイト先生池田勇人内閣冤罪十月事件東映(株)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone