コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市原[市](読み)いちはら

百科事典マイペディアの解説

市原[市]【いちはら】

千葉県中部の市。1963年市制。養老川流域の低地,下総(しもうさ)台地,東京湾岸の埋立地からなり,県内最大の広さの広域都市である。古代上総(かずさ)文化の一中心で国府,国分寺が置かれた。港町の八幡(やわた),木更津街道の宿場町五井姉崎,内陸の牛久(旧南総町)に市街が発達,圏央道,内房線,小湊鉄道が通じる。内陸部は農業地帯で,モモ,ナシ,種無しスイカを多産。東京湾岸は昭和30年代から埋立が進み,京葉工業地域の中核をなす電力,電機などの重工業や石油コンビナート,最近は精密機器工業が立地,製造品出荷額で県の29%を占める3兆1788億円(2003)を上げ,県内1位の工業都市である。背後には1960年代以降造成された大住宅団地がある。都心から近く,四季を通じて人気の高い養老渓谷,多くのゴルフ場群などが,多くの観光客を集めている。東日本大震災で,市内において被害が発生。368.17km2。28万416人(2010)。
→関連項目姉崎[発電所]五井長柄[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちはら【市原[市]】

千葉県中部,東京湾に面する工業都市。人口27万7061(1995)。1963年市原,五井,姉崎,市津,三和の5町が合体して市制。67年1町1村を編入して,市原郡全体が市原市となり,県内一広い面積となった。近世には海岸沿いを通る木更津街道の宿場町として市原,五井,姉崎が栄え,養老川流域をさかのぼる勝浦街道の馬継場として牛久が栄えた。大正末から昭和初めに流域を貫く小湊鉄道が国鉄房総線(現,JR内房線)の五井から開通すると,五井が中心市街となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android