コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市原[市] いちはら

百科事典マイペディアの解説

市原[市]【いちはら】

千葉県中部の市。1963年市制。養老川流域の低地,下総(しもうさ)台地,東京湾岸の埋立地からなり,県内最大の広さの広域都市である。古代上総(かずさ)文化の一中心で国府,国分寺が置かれた。
→関連項目姉崎[発電所]五井長柄[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちはら【市原[市]】

千葉県中部,東京湾に面する工業都市。人口27万7061(1995)。1963年市原,五井,姉崎市津,三和の5町が合体して市制。67年1町1村を編入して,市原郡全体が市原市となり,県内一広い面積となった。近世には海岸沿いを通る木更津街道の宿場町として市原,五井,姉崎が栄え,養老川流域をさかのぼる勝浦街道の馬継場として牛久が栄えた。大正末から昭和初めに流域を貫く小湊鉄道が国鉄房総線(現,JR内房線)の五井から開通すると,五井が中心市街となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

市原[市]の関連キーワード京葉工業地域下総台地

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市原[市]の関連情報