コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市原野 イチハラノ

デジタル大辞泉の解説

いちはらの【市原野】

歌舞伎舞踊富本節。3世桜田治助作詞、名見崎徳治作曲。本名題「当稲俄姿画(わせおくてにわかのすがたえ)」。文久3年(1863)江戸守田座で初演。洛外市原野で源頼光袴垂保輔(はかまだれやすすけ)・小蝶の前が繰り広げるだんまり。明治8年(1875)常磐津(ときわず)で再演。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちはらの【市原野】

歌舞伎舞踊の一。常磐津ときわず。本名題「当稲俄姿画わせおくてにわかのすがたえ」。三世桜田治助作詞。1863年江戸守田座初演。京都の市原野を舞台に、袴垂保輔はかまだれやすすけと源頼光に胡蝶の前がからむだんまり。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

市原野
いちはらの

京都市左京区中西部の一地区。櫟原野とも書く。鞍馬(くらま)寺への参詣(さんけい)の鞍馬街道に沿い早くから開けた。叡山(えいざん)電鉄鞍馬線が通じる。『古今著聞集(ここんちょもんじゅう)』には、この地で盗賊鬼童丸が源頼光(らいこう)を襲って誅(ちゅう)されたという伝説が記されている。また、小野小町(おののこまち)の終焉(しゅうえん)の地と伝えられる小野寺(補陀洛(ふだらく)寺)がある。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

市原野の関連キーワード清原深養父織田武雄藤原惺窩ときわ常磐津渡辺綱通小町胡蝶

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市原野の関連情報