常並(読み)つねなみ

精選版 日本国語大辞典「常並」の解説

つね‐なみ【常並】

〘名〙 (形動) なみひととおりであること。また、そのさま。あたりまえ。
随筆・北越雪譜(1836‐42)初「(をうみ)(ツネナミ)の人の紵(を)を績(うむ)には唾液を用ふれども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「常並」の解説

つね‐なみ【常並(み)】

[名・形動]なみひととおりであること。また、そのさま。世間なみ。
「―ならばお両親の見取り看護もすべき身が」〈一葉・別れ
[類語]平凡ありきたり凡俗ありふれる普通一般一般的尋常通常平常通例標準標準的平均的つねただ当たり前世間並み十人並み月並み凡庸日常茶飯日常茶飯事平平凡凡常套決まりお定まり平板類型的紋切り型芸がないノーマルレギュラースタンダード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android