常並(読み)つねなみ

精選版 日本国語大辞典 「常並」の意味・読み・例文・類語

つね‐なみ【常並】

〘名〙 (形動) なみひととおりであること。また、そのさま。あたりまえ。
随筆北越雪譜(1836‐42)初「紵績(をうみ)〈略〉常並(ツネナミ)の人の紵(を)を績(うむ)には唾液を用ふれども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「常並」の意味・読み・例文・類語

つね‐なみ【常並(み)】

[名・形動]なみひととおりであること。また、そのさま。世間なみ。
「―ならばお両親の見取り看護もすべき身が」〈一葉・別れ霜〉
[類語]平凡ありきたり凡俗ありふれる普通一般一般的尋常通常平常通例標準標準的平均的つねただ当たり前世間並み十人並み月並み凡庸日常茶飯日常茶飯事平平凡凡常套決まりお定まり平板類型的紋切り型芸がないノーマルレギュラースタンダード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android