コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尋常 ジンジョウ

デジタル大辞泉の解説

じん‐じょう〔‐ジヤウ〕【尋常】

[名・形動]《1尋と1常(1尋の2倍)で、普通の長さの意から》
特別でなく、普通であること。また、そのさま。あたりまえ。「尋常な(の)方法では完成しない」「精神状態が尋常でない」
見苦しくないこと。目立たず上品なこと。また、そのさま。しとやか。
「その姿から想像される通り手爪先(てづまさき)の―な女であった」〈漱石行人
態度がいさぎよいこと。すなおなこと。また、そのさま。「尋常に縛につけ」
尋常小学校」の略。
りっぱなこと。すぐれていること。また、そのさま。
「―に飾ったる小舟(せうしう)一艘」〈平家・一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんじょう【尋常】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「尋」は八尺、「常」はその二倍の意で、わずかな長さ・広さを表す〕
特に変わった点のない・こと(さま)。あたりまえ。並み。普通。 「 -の手段ではうまくいくまい」
特に悪い点がなく、普通な・こと(さま)。 「 -な顔立ち」
振る舞いなどが見事なこと。見苦しくないこと。また、そのさま。殊勝。 「いざ-に勝負しろ」 「 -に白状しろ」
人柄が素直で品のよい・こと(さま)。 「まことに-なる女房、装束もやさしき体なる/沙石 7
かなり立派なこと。かなりな程度のこと。また、そのさま。 「よき馬に-の鞍置きて/今昔 29
( 名 )
「尋常小学校」の略。 「 -三年」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

尋常の関連キーワード茨城県立土浦第一高等学校石川県立金沢泉丘高等学校静岡県立浜松北高等学校大分県立中津南高等学校大阪府立三国丘高等学校埼玉県立熊谷高等学校愛知県立岡崎高等学校埼玉県立浦和高等学校新潟県立新潟高等学校福井県立若狭高等学校兵庫県立神戸高等学校富山県立高岡高等学校北海道札幌南高等学校奈良県立畝傍高等学校福岡県立東筑高等学校筑波大学附属高等学校青森県立八戸高等学校岡山県真庭市鍋屋徒の鼠ではない尋常高等小学校

尋常の関連情報