一般的(読み)いっぱんてき

精選版 日本国語大辞典「一般的」の解説

いっぱん‐てき【一般的】

〘形動〙 特別な物事に限らないで、広く全体に通じる状態であるさま。
※日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉二「出職人の対手は個人的にして居職人の関係は一般的なり」
※桐畑(1920)〈里見弴〉好敵手「彼が無名の青年だったために、一般的(パンテキ)には殆んどなんの反響も起さずに了(しま)ったが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一般的」の解説

いっぱん‐てき【一般的】

[形動]特殊な事物・場合についてでなく、広く認められ行き渡っているさま。普遍的。「一般的考え方

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android