一般的(読み)いっぱんてき

精選版 日本国語大辞典「一般的」の解説

いっぱん‐てき【一般的】

〘形動〙 特別な物事に限らないで、広く全体に通じる状態であるさま。
※日本の下層社会(1899)〈横山源之〉二「出職人の対手は個人的にして居職人の関係は一般的なり」
※桐畑(1920)〈里見弴好敵手「彼が無名の青年だったために、一般的(パンテキ)には殆んどなんの反響も起さずに(しま)ったが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一般的」の解説

いっぱん‐てき【一般的】

[形動]特殊な事物・場合についてでなく、広く認められ行き渡っているさま。普遍的。「一般的な考え方」
[類語]平凡ありきたり凡俗ありふれる普通一般尋常通常平常通例標準標準的平均的つねただ当たり前常並み世間並み十人並み月並み凡庸日常茶飯日常茶飯事平平凡凡常套決まりお定まり平板類型的紋切り型芸がないノーマルレギュラースタンダード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android