コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平秩東作(初代) へずつ とうさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平秩東作(初代) へずつ-とうさく

1726-1789 江戸時代中期の狂歌師,戯作(げさく)者,儒者。
享保(きょうほう)11年3月28日生まれ。江戸内藤新宿で煙草(たばこ)屋をいとなむ。平賀源内,大田南畝(なんぽ)らと親交があり,和漢の学に通じた。蝦夷(えぞ)地(北海道)で越冬し,見聞記「東遊記」をかいた。寛政元年3月8日死去。64歳。江戸出身。姓は立松。名は懐之。通称は稲毛屋金右衛門。別号に東蒙。著作はほかに「当世阿多福(おたふく)仮面」「狂歌師細見」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

平秩東作(初代) (へずつとうさく)

生年月日:1726年3月28日
江戸時代中期の戯作者
1789年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

平秩東作(初代)の関連キーワード生年月日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android