年爵(読み)ねんしゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年爵
ねんしゃく

年給の一つ。天皇をはじめ,上皇以下公卿にいたる人々が,叙位のときに,一定の人員を,従五位下に叙することを申請する権利を与えられた。これを年爵という。申請者は,位に叙せられたものから叙料を徴収した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねんしゃく【年爵】

平安時代以降おこなわれた売官の一種で,ある人の栄爵を申請した皇族・貴族が,その爵を得た者から利益を得る制度。平安中期以前に成立したもので,上皇・女院・三后・東宮・准后に年に栄爵1人の権利が与えられた。与える栄爵は五位がふつうだが,四位の例もある。給主の得分は明らかでないが,叙料を収めるのだろうという。年給【土田 直鎮】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ねんしゃく【年爵】

年給の一。平安時代以降、皇族・后妃・公卿くぎようおよび尚侍・内侍・掌侍などに与えられた、叙爵(従五位下)を申請する権利。叙位の際、爵位を希望する者を申請してやり、その叙料を収入とした。冠こうぶり

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ねん‐しゃく【年爵】

〘名〙 (「ねんじゃく」とも)
① 院・三宮・准后に許された、一定数の人員について従五位下への叙位(叙爵)または従五位下以上の位階からの昇叙(加階)を請求する権利。それによって近親者を叙爵、加階したり、叙料を得たりすることができたもの。→年給①・年官年爵年爵年官
※小右記‐永観二年(984)一二月三日「去朔日一条故摂政北方被年爵・内外官三分一人宣旨
② 年齢と爵位。〔晉書‐何遵伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の年爵の言及

【売官】より

…【梅原 郁】
[日本]
 国家の財政制度として,公然と希望者を募り,任料,叙料を納入させて任官,叙位を行う売官・売位制度が,平安時代を中心に鎌倉時代に及んで行われた。年官年爵および成功(じようごう),栄爵がそのおもなものである。いずれも平安時代に入って調・庸の粗悪化,未納が増加し,国家財政が困難になるとともに食封(じきふ)に頼っていた皇族,貴族の経済も窮乏したため,その弥縫(びほう)策の一つとして,前者について成功,栄爵,後者について年官,年爵が成立した。…

※「年爵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android