遷延(読み)せんえん

精選版 日本国語大辞典「遷延」の解説

せん‐えん【遷延】

〘名〙
① 物事がのびのびになって、はかどらないこと。長引くこと。また、のびのびにすること。遅延延引
※本朝無題詩(1162‐64頃)九・初冬遊世尊寺〈大江佐国〉「寺興京花咫尺、逕迷落葉屡遷延」
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉一一「遷延(センエン)空しく過なば三十余万に及べる者餓死せん事の必然なるを」 〔春秋左伝‐襄公一四年〕
② のびて広がっていくこと。
※童子問(1707)上「一点野火。可以燎一レ原。其勢爀爀烈烈。遷延回転。不撲滅

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「遷延」の解説

せん‐えん【遷延】

[名](スル)のびのびになること。また、のびのびにすること。「開会遷延する」「遷延策」
[類語]延び延び延びる遅れる遅滞延滞延引遅延延着遅刻遅参順延延期繰り下がる日延べ延長猶予先送り先延ばし繰り延べる繰り下げる引き延ばす持ち越す時を稼ぐ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android