引廻し(読み)ひきまわし

日本大百科全書(ニッポニカ)「引廻し」の解説

引廻し
ひきまわし

江戸時代、死罪以上の極刑に処せられる者のなかで、情状の重い者に対しさらに付加された刑名の一つ。罪人を馬の鞍(くら)に縛り付け、処刑前に、牢屋(ろうや)所在地から刑場まで、町なかを引き廻して、人々の見せしめとした。江戸の場合その順路に、江戸中引廻しと五か所引廻しの2種類があったが、ときには犯罪場所や罪人居住の町内を引き廻した。馬前に罪状を記した紙の幟(のぼり)と木の捨札を掲げ、前後左右に六尺棒、抜き身の朱槍(しゅやり)を持った非人総計20人ほどが警固した。ほかに町方与力の正副検使、侍2人、町方同心4人らが出役した。引廻しの当日は、囚人の望むものを飲食させ、また親類の者にも別れを惜しませてから刑場へ向かった。

稲垣史生

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「引廻し」の解説

引廻し【ひきまわし】

罪人,もしくは処刑後の罪人の首や遺骸刑吏が引き連れて市中を巡り,公衆の目にさらす刑罰。見せしめ・防犯のほか,罪人を捕らえ,処刑した事実を明らかに示す意味などもあった。には規定がなく,平安時代に梟首(きょうしゅ)・禁獄(きんごく)・流罪(るざい)などに伴い行われるようになった付加刑の一種。中世後期にはさらに盛んとなり,死罪の刑執行に先立って行われる方式が定着した。江戸時代には死罪・獄門(ごくもん)・火罪・(はりつけ)などの重刑に付加された。通常は江戸町中引廻しと五ヵ所引廻しの2種があり,小伝馬町(こでんまちょう)の牢屋裏門から出て各町を回り牢屋に戻るか,仕置場へ直行した。1869年廃止された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android