コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朽ちる クチル

デジタル大辞泉の解説

く・ちる【朽ちる】

[動タ上一][文]く・つ[タ上二]
腐って形がくずれたりぼろぼろになったりする。「―・ちて今にも壊れそうな廃屋」
評判が衰えてしまう。すたれる。「今なお―・ちることのない名声」
むなしく人生を終える。「に出ることもなく―・ちる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くちる【朽ちる】

( 動上一 ) [文] タ上二 く・つ
腐ってぼろぼろになる。 「 - ・ちて落ちかかった橋」
名声などがうしなわれる。 「永遠に-・ちることのない名」
むなしく終わる。死ぬ。 「海士あまの中に-・ちぬる身に、あまる事なれ/源氏 明石」 〔「くたす」に対する自動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朽ちるの関連キーワード文章は経国の大業不朽の盛事カラシオライト海綿構造神不滅論自動詞枯れる廃屋マツ霊屋狐火名声

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朽ちるの関連情報