恍惚・慌惚(読み)こうこつ

  • こうこつ クヮウ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動ナリ・タリ)
① 物事に心を奪われてうっとりすること。物事に見とれたり、聞きほれたりしてうっとりすること。また、そのさま。
※性霊集‐一(835頃)秋日観神泉菀「彳亍神泉物候、心神怳惚不帰」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉四「数日の間、恍惚として」 〔礼記‐祭義〕
② 頭などがはっきりしないこと。物忘れが激しいこと。ぼんやりしていること。また、そのさま。〔病論俗解集(1639)〕
※恍惚の人(1972)〈有吉佐和子〉一四「夢と現実の境界にある恍惚の世界に魂を浮ばせているようだった」
[補注]昭和四七年(一九七二)の有吉佐和子著「恍惚の人」によって、老年痴呆症(認知症)についていうことが流行した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android