コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗方 アラカタ

デジタル大辞泉の解説

あら‐かた【粗方】

[名]
全部とまではいかなくても、ほぼそれに近い部分。大部分。「クラスの粗方が進学希望だ」
(副詞的に用いて)
㋐大部分。およそ。「仕事は粗方かたづいた」
㋑だいたいの数量をいうときに用いる。およそ。ざっと。あらあら。「参加人員は粗方五〇人だ」
[形動ナリ]手の入れ方などが細かい所まで行き届いていないさま。粗雑である。
「次公が注は―なり」〈四河入海・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あらかた【粗方】

( 副 )
ほぼ全部に近いさま。大体。おおかた。名詞的にも用いる。 「 -の人は納得した」 「仕事は-終わった」 「支度も-整ひ/谷間の姫百合 謙澄
( 形動ナリ )
粗雑であるさま。 「次公が注は-なり/四河入海 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粗方の関連情報