(読み)オレ

デジタル大辞泉 「俺」の意味・読み・例文・類語

おれ【俺/己/乃公】

[代]一人称人代名詞。元来、男女の別なく用いたが、現代では、男子同輩または目下に対して用いる。「―と貴様の仲」
[類語]わしおいらおらあっしこちとら自分わたくし・わたし我がはい手前小生愚生あたくしあたしあたいわらわあちき当方此方こちらこっち吾人ごじんてめえ・愚輩・拙者身共それがし不肖ふしょう迂生うせい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「俺」の意味・読み・例文・類語

おれ【俺・己・爾・&JIS87CB;】

  1. 〘 代名詞詞 〙
  2. 対称下位の者に対して、もしくは相手をののしる時などに用い、軽蔑の意を含む。→うれ
    1. [初出の実例]「意礼(オレ)を取殺(と)れと詔りたまひて遣はせり」(出典古事記(712)中)
  3. 自称。広く貴賤男女を問わず目上にも目下にも用いた。現代では、男子が、改まらない場面で同等もしくは目下に対して用いる。
    1. [初出の実例]「をれが母にて候ふものこそ、姉よりもよく候へ」(出典:古今著聞集(1254)一六)

おら【俺・己】

  1. 〘 代名詞詞 〙 自称。本来は卑しい男性の使用する語であったが、江戸時代においては「おれ」「おいら」とともに江戸町人女性も用いた。おらあ。
    1. [初出の実例]「なんのかのおっしゃれても、おらがひるめしはよそへずい」(出典:狂言記・苞山伏(1660))

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android