此方人等(読み)コチトラ

デジタル大辞泉の解説

こちと‐ら【×等】

[代]《代名詞「こちと」に複数を示す「ら」のついたもの、単数にも用いる》一人称の人代名詞。おれたち。おれ。「此方人等の知ったことじゃない」
「―はどうで着た限(きり)雀ときてゐるから」〈滑・浮世風呂・三〉
[補説]現では俗語的に用いる。

こっち‐とら【×等】

[代]一人称の人代名詞。複数にも単数にも用いる。われわれ。われ。こちとら。
「大事にしてもらわれれば、―も奥山へ行くけえど」〈鴎外ヰタ‐セクスアリス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こちと‐ら【此方人等】

〘代名〙 自称。「こちと」に複数を示す接尾語「ら」の付いたもの。男女ともに、対等またはやや上位の相手との話に用いる。
(イ) 複数に用いる。われわれ。
※浄瑠璃・頼朝伊豆日記(1693頃)二「こちとらが肩持って命救ふて参らせんと、山朸(おうこ)てんでに持(もち)
(ロ) 単数に用いる。わたくし。自分。
※浄瑠璃・忠臣金短冊(1732)四「其時はこちとらが、ながへに掛てたたき廻してやるはいやい」

こっちと‐ら【此方人等】

〘代名〙 「こちとら(此方人等)」の変化した語。
※滑稽本・人心覗機関後編(1848)上「こっちとらなら、鰻の切手の一分も貰やぁ、黄鰭(きはだ)の刺身の二百もはづんで」

こっと‐ら【此方人等】

〘代名〙 「こちとら(此方人等)」の変化した語。
※浄瑠璃・蘭奢待新田系図(1765)一「其処にも幕打廻し、花と紅葉を酒肴(さかな)で、此方等(コットラ)もやりかけたら一入花(ひとしほばや)も面白からうと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる