コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレ

デジタル大辞泉の解説

くれ【某】

[代]不定称の人代名詞。名を知らない人、また、それとは定めない人、名をわざとぼかしていう場合などに用いる。
「なにの親王(みこ)、―の源氏など数へ給ひて」〈・少女〉
[補説]「くれがし」「なにくれ」と熟しても用いる。

くれ‐がし【某】

[代]不定称の人代名詞。人の名をはっきり指示しないでいう語。それがし。なにがし。くれ。
「―の夫人(マダム)のように気儘(きまま)ならず」〈紅葉金色夜叉

それ‐がし【某】

[代]
不定称の指示代名詞。その名がわからない人や事物をさす。また、その名をわざとぼかしていう場合にも用いる。だれそれ。なになに。某(ぼう)。なにがし。
「内大臣、右大将藤原朝臣―」〈宇津保・楼上下〉
一人称の人代名詞。わたくし。
「―が栗毛の馬は」〈沙石集・八〉
[補説]2は中世以降の用法。もとは謙譲の意であったが、のちには尊大の意を表す。主に男子の用語。

なに‐がし【某/何某】

[名]数量、特に、金銭の額があまり多くないことを漠然と表す。「―かの金を寄付する」
[代]
不定称の指示代名詞。人・事物・場所などについて名などがはっきりしないことを表し、あるいはそれをぼかしたままに示す。どこそこ。だれそれ。何とかいう人・物。「鈴木―という男性」
「―の右馬四郎とかや云ふ者ありけり」〈沙石集・六〉
一人称の人代名詞。わたし。それがし。拙者。卑下した気持ちで用いる。
「―らが、私の君と思ひ申して、頂きになむ捧げて奉るべき」〈玉鬘

ぼう【某】

[名]その人物の名前、その場所・時などが不明であるか、またはわざと示さない場合に代わりに用いる語。「田中の手紙」「作曲家」「大学」「月」
[代]一人称の人代名詞。男性が自分をへりくだっていう。わたくし。それがし。
「―稽首敬白」〈明衡往来

ぼう【某】[漢字項目]

常用漢字] [音]ボウ(漢) [訓]それがし なにがし
人や物の名、場所・時などがわからないとき、または、わざと隠すときに添える語。「某国某氏某所・某女・某地某年某某何某(なにぼう)
[名のり]いろ
[難読]誰某(だれそれ)何某(なにがし)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くれ【某】

( 代 )
不定称。「何なに」という語と並べて用い、不定・不明の人や事物をさしていう語。だれだれ。なになに。 「なにの親王みこ、-の源氏など、かぞへ給ひて/源氏 乙女」 〔「くれがし」 「なにくれ」と熟しても用いられる〕

くれがし【某】

( 代 )
不定称。人の名を特にはっきり指示しないでいう語。だれそれ。なにがし。 「 -の夫人マダムのやうに気儘きままならず/金色夜叉 紅葉

それがし【某】

( 代 )
不定称。名前がわからない、または名前を隠して人や物事をさす語。なにがし。某ぼう。 「鈴木-の著した本」 「 -の年」
一人称。武家の自称に用いる。 「 -多くの丈六を作り奉れり/宇治拾遺 4

ぼう【某】

( 名 )
ある人や場所・月日などが不明な場合、また意図的にそれとはっきり指し示していわない場合に用いる語。 「中村-」 「 -政治家」 「 -年-月」
( 代 )
一人称。男性が自らをへりくだっていう語。それがし。やつがれ。 「 -稽首敬白/明衡往来」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

某の関連キーワード神道名目類聚抄男は辞儀に余れ西沢 揚太郎慚謝・慙謝鶏聟・鶏婿高腰を掛くそっとも百井塘雨伯父者人真っ返様岡山正興人代名詞先打ち剞劂氏五三日不定称ほうど幅利き後付窓御教書

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

某の関連情報