コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

己等/俺等 オイラ

デジタル大辞泉の解説

おい‐ら【等/等】

[代]《「おれら」の音変化》一人称の人代名詞。おれ。おら。ふつう、男性が用いる。

おの‐ら【等】

[代]
一人称の人代名詞。われら。自分たち。
「―がいとけなきを見捨てて」〈宇津保・俊蔭〉
二人称の人代名詞。相手を卑しめののしっていう語。おまえら。きさまら。
「―が口からいひにくくば」〈浄・千本桜

おのれ‐ら【己等】

[代]
二人称の人代名詞。おまえら。きさまら。「己等は役立たずばかりだ」
一人称の人代名詞。私ども。
「―よりは、なかなか御存知などもこそ候はめ」〈徒然・六七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おのら【己等】

( 代 )
〔「ら」は接尾語〕
一人称。複数に用いられる。われら。われわれ。 「女なる-だにこそ、筋の絶えむことは思へ/宇津保 国譲上
二人称。単数にも複数にも用いる。相手を卑しめののしる語。おまえたち。うぬら。 「 -は此長吉を盗人とは何でぬかした/浄瑠璃・双蝶蝶」

おのれら【己等】

( 代 )
〔「ら」は接尾語〕
一人称。話し手側を卑下していう。
複数を表す。自分ら。私ども。 「 -だにおぼつかなういぶせきを/浜松中納言 2
単数を表す。 「 -若かりし世までは/徒然 119
二人称の複数。目下の者に対して、あるいは相手を卑しめののしっていう。おまえたち。きさまたち。 「もとより-がやうなる下﨟のはてを、君の召しつかはせ給ひて/平家 2

おれら【己等】

( 代 )
一人称。われ。われら。おれたち。男が同輩またはそれ以下の者に対していう。複数にも単数にも用いる。 「そんなこと、-の知ったことか」
二人称。下位の者に対して、あるいは相手をののしっていう。おまえたち。おまえら。 「法師は物をえ書かぬぞ。さらば-書け/平家 5

おんら【己等】

( 代 )
〔「おれら」の転。近世長崎方言〕
一人称。おいら。われら。 「 -が在所はの、奥山のててうちの/浄瑠璃・博多小女郎

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

己等/俺等の関連キーワード武士道(新渡戸稲造の著作)事任八幡宮事任神社浄瑠璃二人称接尾語花魁監守平家

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android