己等(読み)おのれら

精選版 日本国語大辞典「己等」の解説

おのれ‐ら【己等】

〘代名〙 (「ら」は接尾語)
① 自称。
(イ) 「おのれ」(自称)の複数。話し手側を卑下していう。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「げにをのれらが見奉るにもさなんおはします」
(ロ) 単数の場合。自らを卑下していう。
※徒然草(1331頃)六七「おのれらよりは、なかなか御存知などもこそさうらはめ」
② 対称。「おのれ」(対称)の複数。下位者に対して、あるいは、相手をののしっていう。
※今昔(1120頃か)一九「郎等共に行かむと為れば、己等は我が道妨げむと為るにこそ有けれ」

おの‐ら【己等】

〘代名〙 (「ら」は接尾語)
① 自称。複数。自分たち。おのれら。
※書紀(720)舒明即位前(図書寮本訓)「我等(オノラ)が父(かそ)子、並に蘇我より出でたり」
② 対称。同輩以下を卑しめののしることば。複数にも単数にも用いた。「おのれら」の変化といわれる。うぬら。
※御伽草子・強盗鬼神(室町時代短篇集所収)(江戸初)下「をのら一人ものこさずうちころさん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「己等」の解説

おい‐ら【等/等】

[代]《「おれら」の音変化》一人称人代名詞。おれ。おら。ふつう、男性が用いる。

おの‐ら【等】

[代]
一人称の人代名詞。われら。自分たち。
「―がいとけなきを見捨てて」〈宇津保・俊蔭〉
二人称の人代名詞。相手を卑しめののしっていう語。おまえら。きさまら。
「―が口からいひにくくば」〈浄・千本桜

おのれ‐ら【己等】

[代]
二人称の人代名詞。おまえら。きさまら。「己等は役立たずばかりだ」
一人称の人代名詞。私ども。
「―よりは、なかなか御存知などもこそ候はめ」〈徒然・六七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android