コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ばち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ばち

日本の楽器の付属品名。撥弦楽器の弦を鳴らす道具で,手に握って用いるもの。打楽器の打棒も同じく「ばち」というが,「桴」の字をあてて区別する。また洋楽器ではプレクトラムと総称するのに対して,日本では指にはめたり,指先で持つ小型の義甲を「」として区別する。撥は主として琵琶三味線に用いる。琵琶の撥の材質はおもにツゲで,一般に薄く先端が大きく開いていて,握りの部分が細く,握りの根もとがほぼ直角に開きとがっているが,琵琶の種類,流派によって形状,大きさなどに異同がある。三味線の撥は,琵琶からの進化で,材質もツゲのほか,カシ,象牙,鼈甲,水牛の角,プラスチックなどがあるが,全部が同材質でなく,先端にだけ良質のものを用いたりもする。形状はだいたい一致し,撥先は大きく開いて薄く,才尻 (根もと) に向って次第に細く厚くなり,最後は角棒状となるが,やはり三味線の種類や流派により大小,軽重に差があり,重くするために才尻に鉛を入れたものもある。義太夫節用が最も重く,地歌では撥先直前まで厚く,撥先に向って急に段がついて薄くなっているような津山撥,九州撥なども工夫されている。新内節の高音 (たかね。上調子) 用には極端に小型の小撥を使用する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ばち【×撥/×桴/×枹】

(撥)琵琶・三味線などの弦をはじいて鳴らす、へら状の道具。琵琶の撥は多く黄楊(つげ)製、三味線の撥は象牙、水牛の角などで作り、形は流派や使用目的により異なる。
(桴・)太鼓・銅鑼(どら)などの打楽器類を打ち鳴らす棒状の道具。舞楽の舞具として用いることもある。

ばち【撥】[漢字項目]

はつ

はつ【撥】[漢字項目]

[音]ハツ(漢) バチ(慣) [訓]はねる
〈ハツ〉
はねる。はねかえす。「撥音撥弦楽器挑撥反撥
治める。「撥乱
〈バチ〉楽器の弦をはねて鳴らす具。「撥音(ばちおと)
[補説]1は「」を代用字とすることがある。
[難読]撥条(ばね)撥条(ぜんまい)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

撥の関連キーワードこのこ(海鼠子)プサルテリウム牛に食らわるレインガード撥・桴・枹ウクレレ吉田文之サロッド鼓桴状指スクイ撥胼胝伽倻琴沖つ櫂交割物撥捌き撥ね彫平撥撥面琴軋撥鬢

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

撥の関連情報