コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ばち

4件 の用語解説(撥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ばち

日本の楽器の付属品名。撥弦楽器の弦を鳴らす道具で,手に握って用いるもの。打楽器の打棒も同じく「ばち」というが,「桴」の字をあてて区別する。また洋楽器ではプレクトラムと総称するのに対して,日本では指にはめたり,指先で持つ小型の義甲を「爪」として区別する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ばち【×撥/×桴/×枹】

(撥)琵琶・三味線などの弦をはじいて鳴らす、へら状の道具。琵琶の撥は多く黄楊(つげ)製、三味線の撥は象牙、水牛の角などで作り、形は流派や使用目的により異なる。
(桴・枹)太鼓・銅鑼(どら)などの打楽器類を打ち鳴らす棒状の道具。舞楽の舞具として用いることもある。

ばち【撥】[漢字項目]

はつ

はつ【撥】[漢字項目]

[音]ハツ(漢) バチ(慣) [訓]はねる
〈ハツ〉
はねる。はねかえす。「撥音撥弦楽器挑撥反撥
治める。「撥乱
〈バチ〉楽器の弦をはねて鳴らす具。「撥音(ばちおと)
[補説]1は「」を代用字とすることがある。
[難読]撥条(ばね)撥条(ぜんまい)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

撥の関連キーワード三下り撥弦楽器糸竹三味線糸三味線歌三味線駒転手音締め糸倉連三味線

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

撥の関連情報