コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擬制(法律) ぎせい

1件 の用語解説(擬制(法律)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

擬制(法律)【ぎせい】

実際には違うものを法的には同一であるかのようにみなして,同一の法的効果を与え,反証を許さないこと。電気は物質ではないが盗電については財物とみなして窃盗罪を適用する(刑法245条)など。
→関連項目血族

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

擬制(法律)の関連キーワード擬制ロスビー波口と腹とは違う幻像担税者同一体作り言三点試験法アルカリ流紋岩モザイク病(ソルガム・スーダングラス)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone