コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新井[市] あらい

百科事典マイペディアの解説

新井[市]【あらい】

新潟県南西部,高田平野南部と周辺の山地を占める旧市。1954年市制。信越本線が通じる中心市街は北国街道と飯山街道が分かれる地で,宿場町市場町であった。1935年化学工業の工場が進出して以来工業都市として発展,1970年代以降工業団地が造成され,塩化ビニルカーバイドなど化学原料のほか半導体部品や電気機器工業が盛んとなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あらい【新井[市]】

新潟県南部,高田平野南部に位置し,頸南地方の中心の市。1954年新井町と矢代,斐太(ひだ),鳥坂(とさか),水上,泉,上郷,平丸の7村と和田村の一部が合体して市制。人口2万8118(1995)。市域は広い山地を含み市街は荒川渓口に臨む。古くから開けたところで松山,大貝の縄文遺跡があり,竪穴住居跡の斐太遺跡天神堂古墳群,戦国時代の山城鮫ヶ尾城跡は南波山麓にあって県の指定史跡である。市街地は近世北国街道と飯山街道の分岐点にあたる宿駅となり,六斎市が開かれ在郷町として栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android