コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新古演劇十種 しんこえんげきじっしゅ

6件 の用語解説(新古演劇十種の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新古演劇十種
しんこえんげきじっしゅ

尾上家の家の芸十種。 1887年4月千歳座で5世尾上菊五郎が『土蜘』上演の際の番付に『新古演劇十種』と明記した。 1900年までに5世菊五郎が『土蜘』に加えて『茨木』『一つ家』『菊慈童』『羅漢』『古寺の猫』『戻橋』『羽衣』『刑部姫 (おさかべひめ) 』の9種を選び,6世が 12年『身替坐禅』を加えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんこえんげき‐じっしゅ【新古演劇十種】

歌舞伎で、市川家の歌舞伎十八番に対抗して、5世および6世尾上菊五郎が選んだ尾上家の家の芸十演目。「土蜘(つちぐも)」「茨木(いばらき)」「菊慈童」「戻橋」「羽衣」「一つ家」「刑部姫(おさかべひめ)」「古寺の猫」「羅漢」「身替座禅」のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

新古演劇十種【しんこえんげきじっしゅ】

歌舞伎劇のうち尾上菊五郎の家の芸10種の総称で,5世菊五郎,6世梅幸,6世菊五郎らが制定。市川團十郎家の歌舞伎十八番新歌舞伎十八番に対抗したもの。ほとんど妖怪(ようかい)変化が主人公で,舞踊劇が多い。
→関連項目花子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんこえんげきじっしゅ【新古演劇十種】

歌舞伎用語。尾上菊五郎家の〈家の芸〉。市川団十郎家の〈歌舞伎十八番〉〈新歌舞伎十八番〉に対抗して,5世菊五郎が選定を企て,6世菊五郎が完成。5世には1881年3世菊五郎三十三回忌追善興行で《土蜘(つちぐも)》を演じたときに制定の意図がみられ,87年に《土蜘》を再演した際〈新古演劇十種の内〉と番付に明記,以来1900年までに9曲を選んで没した。12年6世が《身替座禅》(再演)を加えて10種を確定させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんこえんげきじっしゅ【新古演劇十種】

歌舞伎で、市川家の「歌舞伎十八番」に対して、五世および六世尾上菊五郎の選んだ、尾上家代々の得意芸10種。「土蜘つちぐも」「茨木いばらき」「身替座禅」「戻橋」「一つ家」「羽衣」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新古演劇十種
しんこえんげきじっしゅ

尾上菊五郎(おのえきくごろう)家が家の芸とする10種の歌舞伎(かぶき)劇。5世菊五郎が市川団十郎家の「歌舞伎十八番」「新歌舞伎十八番」に対抗して企図したもので、1887年(明治20)の『土蜘(つちぐも)』再演のときに初めて名づけ、以後『茨木(いばらき)』『一つ家(や)』『戻橋(もどりばし)』『菊慈童(きくじどう)』『羅漢(らかん)』『古寺(ふるでら)の猫(ねこ)』『刑部姫(おさかべひめ)』『羽衣(はごろも)』の9種まで選び、のち6世菊五郎が1912年、自身創演の『身替座禅(みがわりざぜん)』を再演したときにこれを加えて10種とした。ほとんどが初世松助・3世菊五郎以来尾上家の芸とされた妖怪変化(ようかいへんげ)の役であり、また明治の高尚趣味を反映して能・狂言に取材した作品や、その形式を模した演目の多いことが特色。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の新古演劇十種の言及

【尾上菊五郎】より

…古典では,勘平,権八,権太,福岡貢などの代表作もあるが,河竹黙阿弥が書いた《盲長屋梅加賀鳶》の2役,《天衣紛上野初花(くもにまごううえののはつはな)》の直次郎,3世河竹新七が書いた《塩原多助一代記》《怪異談牡丹灯籠》《江戸育御祭佐七》,竹柴其水が書いた《神明恵和合取組(かみのめぐみわごうのとりくみ)(め組の喧嘩)》の辰五郎のような,生世話,いきな江戸っ子,悪人などが得意であった。新作舞踊として《茨木》《戻橋》《土蜘(つちぐも)》なども作り,新古演劇十種を家に残した。その芸は15世羽左衛門と,実子の6世菊五郎がついだ。…

※「新古演劇十種」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新古演劇十種の関連キーワード尾上菊五郎(六代)尾上菊五郎(三代目)尾上菊五郎(7世)家の芸尾上菊五郎(五世)尾上菊五郎(2代)尾上菊五郎(7代)尾上多賀之丞(初代)尾上菊五郎(初世)尾上菊五郎(4世)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone