コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新発田[市] しばた

百科事典マイペディアの解説

新発田[市]【しばた】

新潟県北部の市。1947年市制。中心市街は越後平野北部にあり,近世は新発田藩城下町として発達した。1884年歩兵連隊がおかれて以後は軍都として発展,現在は陸上自衛隊が駐屯。羽越本線,白新線が通じる。県内有数の良質米コシヒカリの主産地で,周辺では果樹・野菜栽培も行われる。農産物集散の商業都市であり,電気機器,醸造,食品などの工業がある。東部は磐梯朝日国立公園に属する飯豊山(いいでさん)の西斜面で,湯ノ平温泉や月岡温泉などがある。2003年7月,北蒲原(きたかんばら)郡豊浦町を編入。2005年5月北蒲原郡紫雲寺町,加治川村を編入。533.10km2。10万1202人(2010)。
→関連項目白新線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しばた【新発田[市]】

新潟県越後平野北部にある市。1947年市制。人口8万0498(1995)。市域の東部は飯豊(いいで)山系,西部は加治川などのつくる扇状地,およびその前面に広がる沖積低地からなる。中心市街地は近世初頭,溝口秀勝が入封し,新発田藩の城下町として発達した。当時,付近には低湿地が多かったため,歴代の藩主は治水干拓,新田開発に努め,その後穀倉地帯が形成された。城跡には1884年歩兵第16連隊が設置され,戦前は軍都であり,1957年には陸上自衛隊駐屯地となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の新発田[市]の言及

【越後国】より

… これに対し,豪族が根強く勢力をはったのは,守護のいた府内から遠く離れた阿賀北地方である。鎌倉末~南北朝期の争乱で,下越きっての雄族佐々木加地氏は宗家の没落をまねいていたが,一族のうちから新発田(しばた)氏のように内乱期に成長をとげた者も出ていたし,秩父一族,三浦和田一族はすでに鎌倉期に独立した諸家,前者の本庄,色部,後者の中条,黒川などの諸氏,白河荘でも水原,安田氏など,あげて勢力を増大させていた。国人領主と呼ばれる彼らは所領の分割相続制をやめて,単独相続制に移行し,一族・庶子は所領給分を与えられて被官化=家臣化が強められていた。…

※「新発田[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

新発田[市]の関連キーワードカザン(Elia Kazan)新藤兼人イーグルスカシミールジュネ2025年問題ロジンスキー日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A国家行政組織法

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android