コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日向[市] ひゅうが

百科事典マイペディアの解説

日向[市]【ひゅうが】

宮崎県中北部,日向灘に面する市。1951年市制。日豊本線,東九州自動車道が通じる。細島は古くからの良港で,延岡市の外港,漁業基地として発展。近くの伊勢ヶ浜でとれる大ハマグリは碁石の材料として有名。
→関連項目美々津

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひゅうが【日向[市]】

宮崎県中部,日向灘に面する市。1951年市制。人口5万8802(1995)。西部は標高300m内外の山地,南部には尾鈴山地が広がり,海岸はリアス海岸をなす。市域中央を塩見川が東流し,河口部に牧島山,米ノ山からなる陸繫島をつくる。市街地は江戸時代に天領の手代所(陣屋)があった富高(とみたか)を中心に発展し,日豊本線,国道10号線が通り,国道327号線を分岐する。江戸初期は延岡藩領,1692年(元禄5)南部の美々津(みみつ),幸脇(さいわき)を除く地域が天領になった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日向[市]の関連キーワード日豊海岸国定公園

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android