コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本コークス工業 にほんコークスこうぎょうNippon Coke & Engineering Co., Ltd.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本コークス工業
にほんコークスこうぎょう
Nippon Coke & Engineering Co., Ltd.

石炭,コークス事業会社。1874年三井組が神岡鉱山の一部を取得したのに始まる。1889年政府から三池炭鉱の払い下げを受けてその経営にあたり,砂川,田川,美唄などの鉱区を次々に経営,1909年三井合名会社鉱山部となり,1911年独立して三井鉱山が設立された。以後石炭部門,非鉄金属部門を拡張,三井財閥の重要な事業部門となり,石炭業界でも主導的役割を果たした。1941年染料工業部門を分離して三井化学工業(→三井東圧化学)を設立,1950年企業再建整備法により金属部門を分離して神岡鉱業(→三井金属鉱業)設立,1959年三池製作所を分離して三井三池製作所を設立,石炭だけを扱うことになったが,1960年代から石炭の需要が激減したために三池炭鉱,砂川炭鉱芦別炭鉱以外の鉱山を閉山,さらに 1973年この産炭部門を分離して三井石炭鉱業を設立した。海外炭の開発輸入のほか,石油類,セメント,タイル,合板なども扱った。1997年国内石炭採掘事業から撤退。その後業績悪化の一途をたどり,2003年産業再生機構の支援下に置かれた。2008年,新日本製鐵住友商事の持分法適用関連会社となる。2009年現社名へ商号変更

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

日本コークス工業

正式社名「日本コークス工業株式会社」。英文社名「NIPPON COKE & ENGINEERING CO., LTD.」。卸売業。明治22年(1889)創業。同44年(1911)「三井鉱山株式会社」設立。平成20年(2008)新日本製鐵および住友商事の持分法適用関連会社となる。同21年(2009)現在の社名に変更。本社は東京都江東区豊洲。輸入炭販売とコークス製造・販売が主力。化学工業機器・装置の製造も手がける。第2次世界大戦前には、三井物産・三井銀行とともに三井財閥の中核を形成。東京証券取引所第1部上場。証券コード3315。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

日本コークス工業の関連キーワード若松(福岡県)大牟田(市)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本コークス工業の関連情報