コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天瀬 あまがせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天瀬
あまがせ

大分県西部,日田市東部の旧町域。日田盆地の東部にあり,南で熊本県に接する。 1955年中川村,馬原村,五馬村の3村が合体して栄村となり,1966年改称して天瀬町となる。 2005年日田市に編入。筑後川上流の玖珠川に沿い,農林業と温泉業が主産業。江戸時代は大部分が天領であった。シイタケ,杉材を産するほか,南部の五馬高原ではウシの放牧も行なわれる。玖珠川の渓流沿いに天ヶ瀬温泉湯の釣温泉がある。万年山溶岩および耶馬渓溶岩の台地が広がり,大半は耶馬日田英彦山国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天瀬
あまがせ

大分県西部、日田(ひた)郡にあった旧町名(天瀬町(まち))。現在は日田市の中央部東寄りにあたる地域。1966年(昭和41)栄(さかえ)村が町制施行に際して改称して天瀬町となる。2005年(平成17)日田市に編入。町名は温泉名にちなむ。江戸時代は天領として日田陣屋の配下にあった。万年(はね)山溶岩や耶馬渓(やばけい)溶岩の台地が広く、中ほどを東西に玖珠(くす)川が流れ、川沿いをJR久大(きゅうだい)本線と国道210号が走る。米、ウシ、シイタケ、スギが主産物。天ヶ瀬温泉のほか湯ノ釣(つる)温泉、五馬(いつま)高原などの観光地があり、高塚(たかつか)地蔵尊は行基(ぎょうき)作という地蔵尊を祀(まつ)る。[兼子俊一]
『『天瀬町史』(1971・天瀬町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

天瀬の関連キーワード大分県日田市湯ノ釣温泉伊東 三郎日田(市)荒木組

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天瀬の関連情報