コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天瀬 あまがせ

2件 の用語解説(天瀬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天瀬
あまがせ

大分県西部,日田市東部の旧町域。日田盆地の東部にあり,南で熊本県に接する。 1955年中川村,馬原村,五馬村の3村が合体して栄村となり,1966年改称して天瀬町となる。 2005年日田市に編入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天瀬
あまがせ

大分県西部、日田(ひた)郡にあった旧町名(天瀬町(まち))。現在は日田市の中央部東寄りにあたる地域。1966年(昭和41)栄(さかえ)村が町制施行に際して改称して天瀬町となる。2005年(平成17)日田市に編入。町名は温泉名にちなむ。江戸時代は天領として日田陣屋の配下にあった。万年(はね)山溶岩や耶馬渓(やばけい)溶岩の台地が広く、中ほどを東西に玖珠(くす)川が流れ、川沿いをJR久大(きゅうだい)本線と国道210号が走る。米、ウシ、シイタケ、スギが主産物。天ヶ瀬温泉のほか湯ノ釣(つる)温泉、五馬(いつま)高原などの観光地があり、高塚(たかつか)地蔵尊は行基(ぎょうき)作という地蔵尊を祀(まつ)る。[兼子俊一]
『『天瀬町史』(1971・天瀬町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天瀬の関連キーワード大分県日田市石井大分県日田市北友田大分県日田市隈大分県日田市三本松大分県日田市城町大分県日田市田島大分県日田市淡窓大分県日田市東有田大分県日田市東町大分県日田市本町

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天瀬の関連情報