コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明科[町](読み)あかしな

百科事典マイペディアの解説

明科[町]【あかしな】

長野県東筑摩郡の旧町。主集落は松本盆地北東部,高瀬川梓(あずさ)川などが合流して犀(さい)川となる地点に位置し,篠ノ井線が通じる。米,シイタケなどを産し,精密機械工業も行う。ニジマスの養殖で知られる。2005年10月,南安曇郡豊科町,穂高町,三郷村,堀金村と合併し市制,安曇野市となる。42.12km2。9601人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あかしな【明科[町]】

長野県中部,東筑摩郡の町。人口1万0015(1995)。松本盆地北東部,梓川と高瀬川との合流点に位置し,町の中央を犀(さい)川となって北流する。国道19号線とJR篠ノ井線が通じ交通の便がよい。江戸時代から発達した犀川舟運の河港として発達し,押野には松本藩の筏改番所が置かれ,高瀬川上流から送られる木材の検査を行った。中心集落の明科からは周辺町村へ道路が放射状に伸びており,付近一帯の商業の中心をなす。扇状地末端の豊富な湧水を利用したニジマスの養殖で知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android