コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汚す/穢す ケガス

デジタル大辞泉の解説

けが・す【汚す/×穢す】

[動サ五(四)]
大切なもの、清らかなものをよごす。「美しい心を―・す行為」「聖地を―・す」
恥ずべき行為などをして名誉・誇りを傷つける。「名を―・す」
能力、身の程を越えた地位につくという謙遜の気持ちから、ある地位や席につく。「末席を―・す」「会長職を―・す」
暴力で、女性をはずかしめる。「身を―・される」
手をつける。食べる。味わう。
「いま二巻きは―・さで置きてさぶらふ」〈宇治拾遺・二〉
[可能]けがせる[サ下一]

よご・す【汚す】

[動サ五(四)]
きたなくする。「水を―・す」「泥で服を―・す」
不正なことなどをする。けがす。「心を―・す」「手を―・す」
あえものにする。あえる。「ごまで―・す」
[可能]よごせる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よごす【汚す】

( 動五[四] )
きたなくする。けがす。 「手を-・す」 「服を-・す」 「この者身をすて面を-・し/曽我 1
料理で、あえる。 「胡麻ごまで-・す」
[可能] よごせる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報