有職織物(読み)ゆうそくおりもの

百科事典マイペディア「有職織物」の解説

有職織物【ゆうそくおりもの】

朝廷をはじめ公家の間で用いられる装束調度などの織物類。大陸から伝来した織物が平安時代を通じて公家風に洗練されたもので,種類としては浮織物,二倍(ふたえ)織物,,【こめ】,紗(しゃ)などがある。色や文様は公家の家柄位階により定められたものもあった。文様は優美で格調が高く,今日有職文様と称される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「有職織物」の解説

ゆうそくおりもの【有職織物】

公家階級で製作され用いられた織物。本来,有職とは有識であって,公家と呼ばれるようになった平安時代以来の貴族の間で,〈学識豊かな〉とか〈教養高い〉という意味に使われた語である。しかし,鎌倉時代以後,〈有職〉は,過去のものとなった律令制理念とし,洗練化し様式化した公家文化の保持に努めて,儀式,年中行事,官職,位階,殿舎,調度,輿車,服装,食事,遊宴などの知または研究を指すこととなり,さらに公家の規範,法式という意味にまで広げられ,〈識〉の字も〈職〉に変わった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android