本居 長世(読み)モトオリ ナガヨ

20世紀日本人名事典の解説

本居 長世
モトオリ ナガヨ

大正・昭和期の作曲家,ピアニスト



生年
明治18(1885)年4月4日

没年
昭和20(1945)年10月14日

出生地
東京市下谷区(現・東京都台東区)

別名
筆名=本居 長予(モトオリ ナガヨ),本居 一浩(モトオリ イッコウ)

学歴〔年〕
東京音楽学校(現・東京芸術大学)ピアノ科〔昭和42年〕卒

経歴
明治から大正にかけて「七つの子」「赤い靴」「青い目の人形」「十五夜お月さん」「お山の大将」など童謡を数多く作曲した“日本童謡の祖”。幸田延、ケーベルに師事。明治43年東京音楽学校助教授となり、文部省邦楽調査掛兼任として長唄の調査研究を行う。西欧の音階と日本のわらべ歌の音階を巧みに取り入れ、歌いやすい新しい童謡を雑誌「金の船」(のち「金の星」)などに次々に発表した。ほかに歌劇、器楽曲、唱歌、民謡と作曲は多岐にわたり、また尺八による邦楽作品も手掛けた。作品集に「本居合唱曲集」「新作童謡」「本居長世童謡曲全集」がある。本居宣長の正系。昭和60年誕生100年を記念して、東京都の目黒不動尊境内に記念碑が建てられた。平成2年三女宅から自筆の譜が発見される。12年三重県松阪市に本居長世メモリアルハウスが開館した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

本居 長世
モトオリ ナガヨ


職業
作曲家 ピアニスト

別名
筆名=本居 長予(モトオリ ナガヨ),本居 一浩(モトオリ イッコウ),本居 如月

生年月日
明治18年 4月4日

出生地
東京府 下谷区(東京都台東区)

学歴
東京音楽学校(東京芸術大学)ピアノ科〔昭和42年〕卒

経歴
鈴屋大人こと本居宣長を6代前の祖先に持つ国学の名門に生まれる。祖父は同じく国学者で大正天皇の皇太子時代に東宮侍講を務めた本居豊穎であり、実父の于信も国文学者として知られたが、生後1年で母を失い、養子であった父も直後に家を出たことから、祖父のもとで育てられる。本居家唯一の男子であるため嫡子として扱われ、家学の継承を期待されるが、13歳のとき、母と実父の前に養子となっていた人物との間に生まれた兄と名乗る人物が現れことからお家騒動に巻き込まれ、煩悶のうちに青年時代を送った。やがて少年時代から好んでいた音楽を志望するようになり、祖父の理解を得て明治35年東京音楽学校(東京芸術大学)予科に入学、幸田延、アンナ・ラールにピアノを学んだ他、東京帝国大学に勤務していた哲学者で、我が国初のオペラ上演となった歌劇研究会による「オルフォイス」初演でピアノ伴奏を務めたラファエル・フォン・ケーベルの個人レッスンを受けた。36年同科を首席で卒業後、本科器楽科に進むが、病気のため留年し山田耕筰と同期になる。41年同部を全学部通じて首席で卒業したあとも同校に残り、43年器楽部助教授に就任。文部省邦楽調査掛兼任として長唄の調査研究も行う。この間、42年頃から作曲をはじめるようになり、43年に開催されたフィルハーモニー第1回演奏会では自作の「数へ歌ヴァリエーション」を自演。また歌劇も数多く手がけており、45年に作曲した喜歌劇「うかれ達磨」は大正3年の宝塚少女歌劇団の記念すべき第1回公演で上演された。4年脳溢血で倒れ危篤状態に陥り、奇跡的に回復するも、右手指に後遺症が残ったためピアニストを断念。4年には音楽学校を退き、以後は作曲に専念した。7年弟子の弘田竜太郎らとともに自作を演奏するためのグループ、如月社を結成。また尺八奏者の吉田晴風や箏曲家の宮城道雄らと交流して尺八曲「和子鈴慕」「想夫恋」「流れの汐」などを発表、“新日本音楽”を標榜して洋楽と邦楽との融合を試みた。初期、鈴木三重吉編集の童話雑誌「赤い鳥」の創刊を機に童謡運動が起こると、自身も9年斉藤佐次郎主宰の「金の船」(のち「金の星」)を中心に童謡を次々と作曲。特に詩人・野口雨情とのコンビでは「葱坊主」「七つの子」「赤い靴」「青い眼の人形」などといった現在も歌い継がれている名曲を数多く世に送り出した。同年発表の野口の作詞による「十五夜お月さん」は自身も満足の行く出来であっただけでなく、童謡を立派な芸術品に仕上げた金字塔的作品として後世からも高く評価されている。なお、同曲は同年の初演の際に長女のみどりが歌っており、日本初の童謡歌手として人気を集めた。野口の他にも西条八十「別れた人に」「お山の大将」「お月さん」、北原白秋「わらび」「雪の降る晩」、葛原しげる「柳の芽」「蛙の子」、藤森秀夫「めえめえ児山羊」、若山牧水「ダリア」、島木赤彦「からす」、“童謡の宮様”といわれた澄宮(三笠宮崇仁親王)の「馬」「金魚」、自身の詩による「ないしょ話」「汽車ポッポ」、江戸時代のわらべ歌の「通りゃんせ」などに曲をつけており、西洋の音階と日本の伝統音階を巧みに重層させた作風で、“日本童謡の祖”といわれる。作曲だけでなく、自身も3人の娘(みどり、貴美子、若葉)を伴って各地を巡演し、娘たちに自作を歌わせて童謡の普及に大きく貢献した。12年には関東大震災答礼音楽会を開くためハワイや米国本土にも赴き、好評をもって迎えられた。昭和7年一浩に改名し、本居オープンスタジオを開設してピアノや作曲、歌唱を教授。9年名を長世に戻すが、のち長予に改めた。同年から明治天皇の御製百首の作曲を進め、10年に明治神宮で完成奉告式を行う。その後は仏教歌の作曲にも取り組むが、晩年は長女を亡くし、また胃潰瘍で苦しみ、20年創作活動を辞めてピアノも売却し、終戦直後に没した。他の作品に器楽曲「君が代変奏曲」「ノクターン」「晩秋」、歌劇「夢」「項羽と劉邦」「死神」「日の出神楽」、合唱曲に「蟻の行列」「宝船」「落葉栗かよ」「山の小屋」「木枯」、小曲に「別後」「乙女」「枯山歌」「萱の千駄も」などがあり、作品集に「本居合唱曲集」「新作童謡」「本居長世童謡曲全集」がある。平成12年には縁の深い松阪市に本居長世メモリアルハウスが開館した。弟子に中山晋平、藤山一郎、金田一春彦らがいる。

没年月日
昭和20年 10月14日 (1945年)

家族
祖父=本居 豊穎(国学者),父=増田 于信(国文学者),長女=本居 みどり(童謡歌手),二女=本居 貴美子(童謡歌手),三女=本居 若葉(童謡歌手)

伝記
本居長世―日本童謡先駆者の生涯「演歌」のススメ「金の船」ものがたり―童謡を広めた男たち 松浦 良代 著藍川 由美 著小林 弘忠 著(発行元 国書刊行会文芸春秋毎日新聞社 ’05’02’02発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

本居 長世 (もとおり ながよ)

生年月日:1885年4月4日
大正時代;昭和時代の作曲家
1945年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android