杉原千畝(読み)すぎはらちうね

  • 1900―1986
  • 杉原千畝 すぎはら-ちうね

知恵蔵の解説

第二次世界大戦中のリトアニアで、ナチスの迫害を逃れてきたユダヤ人に対して、日本政府の命令に背いて日本通過ビザを発給し、約6千人もの命を救ったとされる外交官。自らの工場で働くユダヤ人を救ったことで知られるドイツ人実業家、オスカー・シンドラーになぞらえて、「日本のシンドラー」とも呼ばれている。
1900年1月1日岐阜県八百津町生まれ。早稲田大学高等師範部英語科を中退、外務省の官費留学生として満州(現・中国東北部)のハルビンでロシア語を学んだ後、同省に採用される。満州、フィンランドなどでの勤務を経て、39年にリトアニアの日本領事館に領事代理として赴任した。「命のビザ」を発給したのは、40年夏。ポーランドを追われてきた大勢のユダヤ人避難民が、ソ連・日本を経由して第三国に移住しようと日本通過ビザを求めてきた。杉原は、要件を満たさないユダヤ人避難民にも人道上ビザの発給を認めるよう外務省に願い出たが認められず、悩んだ末に独断で発給を決断。領事館は既に閉鎖が決まっていたが、出国直前までの約1カ月間、発給を続けたという。その後、チェコ、ルーマニアなどで勤務し、46年に帰国。翌年、外務省を退職した。訓令違反のビザ発給を理由に退職に追い込まれたとの思いから、退職後は外務省関係者との交流を断ち、86年7月31日に死去した。
「命のビザ」のエピソードが知られるようになったのは、69年にイスラエル政府が杉原に勲章を授けてからだという。85年1月にはイスラエル政府から「諸国民の中の正義の人」として表彰され、91年にはリトアニアの首都にある通りの一つに「スギハラ通り」と名前が付けられた。故郷・八百津町には92年、「人道の丘公園」がオープンし、生誕100年となる2000年には記念館も設立されている。外務省も1990年代に入ってから当時の経緯の検証など「関係修復」に向けて動き、2000年に河野洋平外務大臣が遺族に謝罪した。

(原田英美  ライター / 2010年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

第2次世界大戦中のリトアニアで日本領事代理を務め、1940年、ナチス・ドイツの迫害を受けるユダヤ難民に対し、外務省の指示に反して独断で日本の通過ビザを発給。約6千人を救ったとされる。難民はシベリア鉄道経由で福井・敦賀港から入国し、神戸港などから米国豪州に渡った。イスラエル政府から「諸国民の中の正義の人」として表彰され、「日本のシンドラー」とも呼ばれる。

(2020-09-13 朝日新聞 朝刊 静岡全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

[1900~1986]外交官。岐阜の生まれ。昭和14年(1939)リトアニア領事代理となる。第二次大戦中、外務省の命令に反し、ナチス‐ドイツから逃れてきた約6000人のユダヤ系難民に日本通過のビザを発給した。昭和60年(1985)イスラエル政府の「諸国民の中の正義の人賞」受賞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1900-1986 昭和時代の外交官。
明治33年1月1日生まれ。大正8年外務省の留学生試験に合格し,ハルビン学院でまなぶ。昭和15年リトアニア領事代理のとき,本省の命令に反し,5000名をこえるユダヤ人難民に日本通過のビザを発給。昭和22年ルーマニアの捕虜収容所から帰還後,外務省を免職となる。60年イスラエル政府の「諸国民の中の正義の人賞」を受賞。昭和61年7月31日死去。86歳。岐阜県出身。早大高等師範部中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1900.1.1. 岐阜,八百津
[没]1986.7.31. 神奈川,鎌倉
外交官第2次世界大戦中,リトアニアの首都だったカウナス領事館領事代理として,ユダヤ人難民に日本通過の査証(ビザ)を独断で発給し,亡命を援助したことで知られる。1919年早稲田大学を中退,外務省留学生としてハルビン(→ハルビン〈哈爾浜〉特別市)に留学,ロシア語を学ぶ。1924年外務書記生となり,ハルビンで勤務。1937年フィンランドのヘルシンキ公使館に赴任。1939年カウナス日本領事館領事代理となる。1940年,ナチス・ドイツの迫害の強まりをうけ多数のユダヤ人難民が日本領事館につめかけるようになると,杉原は 7月以降,避難先の国の入国許可や十分な旅費をもたないなど,査証発給にかかる外務省の規定を満たさない人にも独断で日本通過の査証を発給した。ソビエト連邦のリトアニア併合に伴う同 1940年8月下旬の領事館封鎖までに計 2139家族に査証を発給し,命を救われたユダヤ人は 6000人以上とされる。ユダヤ人難民らはシベリア横断鉄道でソ連を横断,ウラジオストクから福井県敦賀市に上陸し,日本を経由してアメリカ合衆国などに亡命した。1940年9月以降,杉原はチェコスロバキア,ソ連,ルーマニアの在外公館に赴任。1945年の日本降伏後,ブカレストの捕虜収容所に収監され,1947年4月に帰国。同 1947年6月外務省を退官。退官は独断で査証を発給した責任をとらされた結果とされる。退官後は商社などに勤務し,モスクワなどに赴任した。1969年イスラエルの宗教大臣から勲章を,1985年イスラエル政府から「諸国民の中の正義の人賞」(ヤド・バシェム賞)を授与された。1991年外務省により名誉回復。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外交官。1900年(明治33)生まれ、岐阜県出身。1940年(昭和15)にバルト海に面したリトアニアの日本領事館領事代理。当時、ナチスの迫害を逃れようとするユダヤ系ポーランド人がリトアニアに殺到し日本領事館で日本通過の査証(ビザ)を得ようとした。杉原はナチスとの外交関係を考慮した外務省の反対にもかかわらずビザを発行して6000人に及ぶユダヤ人の命を救済。戦後外務省は杉原を実質的に追放(1991年名誉回復)したが、1985年(昭和60)にイスラエル政府は杉原に「諸国民の中の正義の人賞」を贈りその功績をたたえた。1991年(平成3)リトアニアの首都ビリニュスに「スギハラ通り」が誕生。[森 武麿]
『杉原幸子著『六千人の命のビザ』(新版、1993・大正出版) ▽ヒレル・レビン著、諏訪澄ほか訳『千畝――一万人の命を救った外交官杉原千畝の謎』(1998・清水書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

杉原千畝の関連情報