コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東温 トウオン

デジタル大辞泉の解説

とうおん〔トウヲン〕【東温】

愛媛県中部、石鎚(いしづち)山脈北麓にある市。イチゴなどの果樹栽培が盛んな一方、西隣の松山市のベッドタウン化が進む。平成16年(2004)重信(しげのぶ)町、川内(かわうち)町が合併して成立。人口3.5万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうおん【東温】

愛媛県中部、重信川上・中流域にある市。稲作とミカン栽培が主。松山市に隣接し、住宅地化が進む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

東温の関連キーワード東温市立歴史民俗資料館愛媛県東温市則之内丙高畠華宵大正ロマン館愛媛県東温市則之内甲愛媛県東温市則之内乙愛媛県東温市則之内愛媛県東温市河之内愛媛県東温市北野田愛媛県東温市見奈良愛媛県東温市横河原愛媛県東温市志津川愛媛県東温市松瀬川愛媛県東温市南野田愛媛県東温市山之内愛媛県東温市上林愛媛県東温市牛渕愛媛県東温市北方伊予鉄道横河原線愛媛県東温市南方愛媛県東温市田窪

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東温の関連情報