コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋正次郎(1世) きねやしょうじろう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杵屋正次郎(1世)
きねやしょうじろう[いっせい]

[生]?
[没]享和3(1803).11.3.
長唄三味線方の家元。2世杵屋六三郎門弟。浅草奥山の独楽 (こま) 回し松井源水の相方をつとめていたのが見出されたという。『羽根の禿 (かむろ) 』『高砂丹前』『木賊刈 (とくさかり) 』などを作曲。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android