コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋正次郎(1世) きねやしょうじろういっせい

1件 の用語解説(杵屋正次郎(1世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杵屋正次郎(1世)
きねやしょうじろういっせい

[生]?
[没]享和3(1803).11.3.
長唄三味線方の家元。2世杵屋六三郎の門弟。浅草奥山の独楽 (こま) 回し松井源水の相方をつとめていたのが見出されたという。『羽根の禿 (かむろ) 』『高砂丹前』『木賊刈 (とくさかり) 』などを作曲。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

杵屋正次郎(1世)の関連キーワード若宮丸漂流民ドゥーフ日道白粒岩延命院日道遠州流(茶道)舎密開宗ハイアールアジアインターナショナル伊藤圭介梶常吉

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone