松井田[町](読み)まついだ

百科事典マイペディアの解説

松井田[町]【まついだ】

群馬県南西部,碓氷(うすい)郡の旧町。利根川の支流碓氷川の流域を占め,西境に碓氷峠がある。中心の松井田近世中山道宿場町市場町として発達し,信越本線上信越自動車道が通じる。養蚕畜産が盛んで,米,コンニャク,ネギ,シイタケなども産する。妙義山の登山口。2006年3月安中市へ編入。175.05km2。1万7295人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まついだ【松井田[町]】

群馬県西部,碓氷(うすい)郡の町。人口1万7774(1995)。町の大部分は関東山地に属する山地で,西境沿いには標高1000m級の山々が連なる。ほぼ中央部を利根川の支流碓氷川が南東流する。西は長野県と接し,信越本線,上信越自動車道,国道18号線が通じる。碓氷峠の東にある中心集落の松井田は古くから交通の要衝として栄え,現在も周辺農村の商業中心で,妙義山観光の玄関口ともなっている。横川も碓氷峠を控えた交通の要地で,江戸時代には関所が置かれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android