コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松戸[市] まつど

百科事典マイペディアの解説

松戸[市]【まつど】

千葉県北西部の市。1943年市制。江戸川左岸の沖積平野下総(しもうさ)台地にまたがる。江戸川をはさんで東京都葛飾区,埼玉県三郷(みさと)市に接する。中心市街は近世以来水戸街道陸前浜街道)の宿場町市場町江戸川舟運の河岸場として栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつど【松戸[市]】

千葉県北西部の市。1943年市制。人口46万1503(1995)。下総台地西端と江戸川の沖積平野にまたがる。松戸と北隣の馬橋(まばし)は江戸川の渡頭集落として発生し,近世は水戸街道の宿場町として栄え,松戸は六斎市場町でもあった。明治以後,東葛飾郡役所や軍事施設が置かれ,1896年の常磐線の開通以来,東京との結びつきが強まった。市の周辺部は早くから近郊農業地として開け,矢切ネギは名高く,二十世紀梨の原木が八柱(やばしら)にあって梨栽培地も広かったが,第2次大戦後は東京への通勤者の流入が激しく,住宅団地の建設や宅地の造成で農地は減少した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松戸[市]の関連キーワードレジスタンス文学太平洋戦争マキノ雅広ロン=ティボー国際音楽コンクール第2次世界大戦育英制度木下恵介呉昌征サン・テグジュペリザ・バンド

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松戸[市]の関連情報