林泉(読み)リンセン

デジタル大辞泉の解説

りん‐せん【林泉】

林や泉水を配して造った庭園。
世を逃れて隠れ住む地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りんせん【林泉】

庭園の雅称。木立や流水・池泉などのある庭園。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りん‐せん【林泉】

〘名〙
① 林と泉。木立泉水。林の中の泉。また、それのある広大な庭園
※懐風藻(751)春日〈巨勢多益須〉「神衿弄春色、清蹕歴林泉」 〔賀知章‐題袁氏別業詩〕
② 悠々自適の地としてえらばれる地。隠棲の地。
※鈍鉄集(1331頃)山居「平生曾有林泉癖。喜得雲山送歳年」 〔皮日休‐樵歌詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

林泉の関連情報