コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 その

8件 の用語解説(園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


その

古代の菜園地。宅地に付属した畠地で野菜のほかに桑,漆を植えることが定められていたが,免租地であった。令制下,宮中では園池司 (そのいけのつかさ) をおいた。中世荘園では (くろ) とも称せられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えん【園】[漢字項目]

[音]エン(ヱン)(漢) オン(ヲン)(呉) [訓]その
学習漢字]2年
〈エン〉
野菜や果樹を植える畑。「園芸茶園菜園田園農園薬園
一定の目的でこしらえた庭や区域。「園地園庭開園学園公園造園庭園梅園閉園名園楽園霊園動物園
子供が学んだり遊んだりする施設。「園児園長卒園保育園幼稚園
〈その(ぞの)〉「園生(そのう)花園
[難読]祇園(ぎおん)

その【園/×苑】

果樹・花・野菜などを植えた一区画の土地。庭園。「梅の―」
ある物事が行われる場所。また、ある特定の場所。「学びの―」「女の―」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

園【その】

古代・中世における畠地の一形態。薗とも記される。律令では園地(えんち)として,土地の多少に従って均分に与える耕地,すなわち公地とされ,桑・漆の栽培が奨励されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

その

?-? 江戸時代中期-後期の俳人。
須田一漁の娘。下村一漁の妻。江戸の人。3代深川湖十にまなんだ。号は寛連舎,提窓,蓬莱軒,推敲庵,台天,花十など。編著に「俳諧百千鳥(はいかいももちどり)」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

その【園】

薗とも書く。日本の古代・中世における畠地の一種。本来〈園地(えんち)〉〈園〉〈園圃〉は,水稲以外のものを栽培する土地に与えられた律令用語であった。宅地と一括して園宅地として理解する説もあるが,園地と宅地は同質ではない。田令の園地条によれば,〈凡そ園地を給ふは,地の多少に随ひて均しく給へ。若し戸絶えなば,公に還せ〉とある。すなわち班給規定があり,かつ絶戸となった場合のみであるが還公規定が存在するのであって,宅地と異なり,律令国家からは公地としてとらえられていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えん【園】

「幼稚園」「保育園」などの略。 「 -の方針」

その【園】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【庭園】より

…広く美観,慰楽,実用の目的で,ある敷地内で建造物以外に計画された区域をさし,通常,泉水や水路,池を設け,植栽などが施される。
【日本】
 庭園という言葉は新しいもので,もともと庭と園は別の意味をもっていた。〈(にわ)〉は仕事や行事をするための場所をいい,平坦な土地を指した。…

【御薗】より

…古代,中世の皇室や伊勢神宮などの大神社に付属する,食料品調達にかかわる所領。古代の律令制のもとでは,宮内省所属の園池司と典薬寮にと薬園が付属していた。前者は蔬菜樹菓を植え,品部(しなべ)の園戸が採取などにあたった。…

※「園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

園の関連キーワード地子僧兵刀禰法制史舎密放狂言農事暦《古代日本語における色名の性格》《日本の古代国家》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

園の関連情報