コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林紓 リンジョ

デジタル大辞泉の解説

りん‐じょ【林紓】

[1852~1924]中国、清末・民国の翻訳家。福建省閩侯(びんこう)県の人。字(あざな)は琴南(きんなん)。号、畏廬(いろ)・冷紅生など。「椿姫」その他、欧米・日本の小説を文語で翻訳。白話運動に反対した。リン=シュー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りんじょ【林紓 Lín Shū】

1852‐1924
中国,清末の文人,翻訳家。福建省閩侯(びんこう)の人。字は琴南,号は冷紅生,畏廬など。桐城派の古文を学び,京師大学堂(北京大学の前身)教習に任じた。フランス帰りの王寿昌が口語訳した小デュマの《椿姫》を文語化し《巴黎茶花女遺事(パリちやかじよいじ)》として1899年(光緒25)刊行したのをきっかけに,ストーの《アンクル・トムの小屋》の訳《黒奴籲天録(こくどゆてんろく)》(1901)をはじめ,各国の小説170種余りを翻訳し,〈林訳小説〉として当時の社会と文壇に大きな影響を与えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りんじょ【林紓】

1852~1924) 中国の翻訳家。福建省出身。字あざなは琴南。デュマの「椿姫」をはじめ各国の作品を助手に翻訳させ、古文にまとめて紹介した。保守的文人で白話(口語)運動反対の急先鋒。リン=シュー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

林紓
りんじょ
Lin Shu

[生]咸豊2 (1852).9.27.福建,福州
[没]1924.10.9.北京
中国,末から中華民国初の文学者,翻訳家。福建省閩侯県(びんこうけん)の人。字は琴南。筆名は冷紅生など。桐城派古文をよくし,光緒19(1893)年アレクサンドル・デュマの『椿姫』La Dame aux caméliasを『巴黎茶花女遺事』の題名で翻訳して一躍有名になった。以後ウィリアム・シェークスピア,オノレ・ド・バルザック,チャールズ・ジョン・ハファム・ディケンズ,ヘンリック・ヨハン・イプセン徳冨蘆花など十余国の文学作品を古文で翻訳した。自身は原文を読めず,協力者が伝える大筋を古文に書き下ろした。作品の選択はまちまちで誤訳も多いが,ヨーロッパ近代文学を中国に紹介した功績は,思想界における厳復の功績に匹敵する。のち,文学革命において口語運動が興ると,反対派の急先鋒となった。詩文,小説,戯曲などの創作も多い。(→中国文学

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


りんじょ / リンシュー
(1852―1924)

中国、清(しん)末の古文家、翻訳家。原名は群玉、字(あざな)は琴南、号は畏廬(いろ)、冷紅生。福建省(びん)県(いまの福州)の人。古文を学んで、フランス語のできる友人王寿昌の訳述により『巴黎茶花女遺事(パリちゃかじょいじ)』(デュマ・フィス『椿姫(つばきひめ)』)を訳し、この成功によって170種もの翻訳書を出して各国文学の紹介に貢献した。のちに京師大学堂(北京(ペキン)大学の前身)で古文の教育にあたり、民国以後、胡適(こてき)らの白話(はくわ)運動に反対して北京大学校長の蔡元培(さいげんばい)に非難の書簡を送ったり、『妖夢(ようむ)』『荊生(けいせい)』などの小説をつくったりして風刺した。晩年は悠々自適の生活を送った。[尾上兼英]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の林紓の言及

【桐城派】より

…清末には文壇・政界の実力者曾国藩が出て,いっそう折衷学の傾向を強め,経書の文章も文学とみなし,政治・経済の2類を加え《経史百家雑鈔》を編集した。李鴻章もその弟子であり,厳復,林紓も欧米の思想・文学の紹介を桐城派古文の作者として行っている。【佐藤 一郎】。…

※「林紓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

林紓の関連キーワード11月28日国文学林琴南白話助手

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android