柳家小さん(4世)(読み)やなぎやこさん[よんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「柳家小さん(4世)」の解説

柳家小さん(4世)
やなぎやこさん[よんせい]

[生]1888.4.18. 東京
[]1947.9.30. 東京
落語家。本名平山菊松。畳職の家の生れ。3世柳家小さんの弟子のない飄々とした風格をもち,創作力もあった。得意は,『長屋花見』『二十四孝』など。落語協会会長をつとめた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android