コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横芝[町] よこしば

百科事典マイペディアの解説

横芝[町]【よこしば】

千葉県北東部,山武(さんぶ)郡の旧町。九十九里平野から下総(しもうさ)台地に及ぶ。中心集落は近世以来の市場町で,総武本線が通じる。米を産し,施設園芸も行う。工業団地があり,窯業,化学,コンクリート2次製品の企業が進出している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よこしば【横芝[町]】

千葉県北東部,山武郡の町。人口1万4682(1995)。太平洋に注ぐ栗山川の西岸にあり,町域は下総台地から九十九里浜まで細長く広がる。中心集落の横芝は町域の中央,台地と平野の接触線上にあり,近世以来の交易の中心地である。現在も商業活動が活発で,商圏は台地から九十九里浜まで広がる。かつてはサツマイモの生産とデンプン工業が盛んであったが,近年は野菜の生産が中心である。海岸には〈海のこどもの国〉があり,芝山町近くの台地には殿塚,姫塚を含む芝山古墳群(史)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

横芝[町]の関連キーワード下総

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android