コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花筐 ハナガタミ

4件 の用語解説(花筐の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はな‐がたみ【花×筐】

[名]花や若菜などを摘んで入れるかご。花かご。はなこ。
[枕]編み目が細かいところから、「めならぶ」に掛かる。
「―めならぶ人のあまたあれば」〈古今・恋五〉

はながたみ【花筐】[謡曲]

謡曲。四番目物世阿弥作。日本書紀などに取材。越前国にいた大迹辺(おおあとべ)皇子(のちの継体天皇)は即位のため、照日の前に形見の花筐を贈って上京する。照日の前は物狂いとなって都へ行き、行幸の行列の前に出て天皇と再会する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はながたみ【花筐】

能の曲名。四番目物。狂女物。世阿弥作だが,クセは観阿弥作曲の《李夫人の曲舞(くせまい)》。シテは照日前(てるひのまえ)(狂女)。越前の味真野(あじまの)に住む照日前(前ジテ)のもとへ,大迹部(おおあとべ)皇子の使(ワキヅレ)が来て,皇子の文と花籠を届ける。皇子は皇位の継承者に決まって都に向かったのである。即位をして大和の玉穂の宮を皇居と定めた継体天皇(子方)は,警護の官人(ワキ)たちに守られて紅葉の御遊(ぎよゆう)に出かける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花筐
はながたみ

能の曲目。四番目物、狂女物の大作。五流現行曲。世阿弥(ぜあみ)作。『日本書紀』に材をとる。越前(えちぜん)に住む大迹辺皇子(おおあとべのおうじ)(後の継体(けいたい)天皇)の愛人照日前(てるひのまえ)(前シテ)は、即位のため都に上る皇子から手紙と形見の花籠(はなかご)を贈られて悲しむ。侍女(ツレ)を伴い、狂女の姿となった照日(後シテ)は都に上り、天皇(子方)の紅葉の行幸の行列を遮り、中国の皇帝の愛の物語(李夫人(りふじん)の曲舞(くせまい)。観阿弥(かんあみ)作曲)を舞って、天皇との縁を取り戻し、伴われてともに都に帰る。観世流には、のちに彼女が女御(にょうご)となる結末が語られる「安閑留(あんかんどめ)(女御留)」という演出があるが、これが原作という。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花筐の関連キーワード桜川隅田川当麻班女三井寺梅枝兼平狂女物百万物狂い能

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

花筐の関連情報