コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花筐 ハナガタミ

デジタル大辞泉の解説

はな‐がたみ【花×筐】

[名]花や若菜などを摘んで入れるかご。花かご。はなこ。
[枕]編み目が細かいところから、「めならぶ」に掛かる。
「―めならぶ人のあまたあれば」〈古今・恋五〉

はながたみ【花筐】[謡曲]

謡曲。四番目物世阿弥作。日本書紀などに取材。越前国にいた大迹辺(おおあとべ)皇子(のちの継体天皇)は即位のため、照日の前に形見の花筐を贈って上京する。照日の前は物狂いとなって都へ行き、行幸の行列の前に出て天皇と再会する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はながたみ【花筐】

能の曲名。四番目物。狂女物世阿弥作だが,クセは観阿弥作曲の《李夫人の曲舞(くせまい)》。シテは照日前(てるひのまえ)(狂女)。越前の味真野(あじまの)に住む照日前(前ジテ)のもとへ,大迹部(おおあとべ)皇子の使(ワキヅレ)が来て,皇子の文と花籠を届ける。皇子は皇位の継承者に決まって都に向かったのである。即位をして大和の玉穂の宮を皇居と定めた継体天皇(子方)は,警護の官人(ワキ)たちに守られて紅葉の御遊(ぎよゆう)に出かける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花筐
はながたみ

能の曲目。四番目物、狂女物の大作。五流現行曲。世阿弥(ぜあみ)作。『日本書紀』に材をとる。越前(えちぜん)に住む大迹辺皇子(おおあとべのおうじ)(後の継体(けいたい)天皇)の愛人照日前(てるひのまえ)(前シテ)は、即位のため都に上る皇子から手紙と形見の花籠(はなかご)を贈られて悲しむ。侍女(ツレ)を伴い、狂女の姿となった照日(後シテ)は都に上り、天皇(子方)の紅葉の行幸の行列を遮り、中国の皇帝の愛の物語(李夫人(りふじん)の曲舞(くせまい)。観阿弥(かんあみ)作曲)を舞って、天皇との縁を取り戻し、伴われてともに都に帰る。観世流には、のちに彼女が女御(にょうご)となる結末が語られる「安閑留(あんかんどめ)(女御留)」という演出があるが、これが原作という。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

花筐の関連キーワード福井県越前市粟田部町飛び立つばかり福井県越前市御入り候ふ観世 左近中里 恒子登録記念物花籠・花篭今立[町]村崎宗粛増田正造女物狂い観世左近小袖包み粟田部ずらす狂乱物九華帳檀一雄女御

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花筐の関連情報