コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欠く/闕く カク

デジタル大辞泉の解説

か・く【欠く/×闕く】

[動カ五(四)]
かたい物の一部分を壊す。損ずる。「茶碗のふちを―・く」「氷を―・く」
なくては困るもの、また必要とするものが備わっていない。あるべきものを持たない。「精彩を―・く表情」「きめ手を―・く」
(「欠くことができない」「欠くべからざる」の形で)それなしでは済ますことができない。絶対なくてはならない。「水は人間に―・くことができない」「必要―・くべからざる条件」
なすべきことを怠る。おろそかにする。「義理を―・く」「勇気を―・く行為」
[可能]かける
[動カ下二]か(欠)ける」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

欠く/闕くの関連キーワードトランスフェリン欠損血症トレハロース不耐症微量養素・微量要素先天性乳糖不耐症てんでんばらばら欠くべからざるマイコプラズマヌードマウスシーズンレスヘテロ接合体欠位・闕位無沙を打つ闕失・欠失雑種不稔性螺子が緩む不完全手形不完全花単花被花不完全葉赤緑色盲

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android