コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欠く/闕く カク

1件 の用語解説(欠く/闕くの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

か・く【欠く/×闕く】

[動カ五(四)]
かたい物の一部分を壊す。損ずる。「茶碗のふちを―・く」「氷を―・く」
なくては困るもの、また必要とするものが備わっていない。あるべきものを持たない。「精彩を―・く表情」「きめ手を―・く」
(「欠くことができない」「欠くべからざる」の形で)それなしでは済ますことができない。絶対なくてはならない。「水は人間に―・くことができない」「必要―・くべからざる条件」
なすべきことを怠る。おろそかにする。「義理を―・く」「勇気を―・く行為」
[可能]かける
[動カ下二]か(欠)ける」の文語形。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

欠く/闕くの関連キーワード一部齧る肩入れ根付く覗ける打っ欠く書抜く傷付く切抜く染抜く

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone